×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンパンマンミュージアム ツアー〜2情報!

アンパンマンミュージアム ツアー〜2

カテゴリー :ツアー

 香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムは、アンパンマンの原作者、やなせたかしの故郷にある美術館。館内には絵本原画やアンパンマンのタブロー画の展示ほか、アンパンマンの町のジオラマなどがあり、子どもたちに大人気です。記念館に隣接して詩とメルヘン絵本館もあります。

株式会社大隅タクシー観光課のおおすみ観光は、山口県に本社のある会社です。ツアーに際し常に品質にこだわり、特に『食』へのこだわりは、期待を裏切らない納得のいくツアー企画をしています。そのツアーの中に、「NEWレオマワールドのおもちゃ王国の乗り物券2000円付き!!ちびっこ集まれアンパンマンミュージアムとNEWレオマワールドおもちゃ王国」が1泊2日で19800円であります。

子供たちが大好きアンパンマンミュージアムとNEWレオマワールドのおもちゃ王国で楽しい思い出が作れます。3歳〜小学生 18000円になります。ツアーのコースは、1日目は、熊毛IC(9:00)==(12:00)与島 昼食(13:00)==高知南国IC==(15:00)アンパンマンミュージアム(16:30)==高知I南国C==善通寺IC==こんぴら温泉 ニューわたやで宿泊です。

2日目のツアーのコースは、ホテルにて朝食後==(10:00)ニューレオマワールド:おもちゃ王国(14:00)==善通寺IC==熊毛IC==周南地区(17:30頃)==防府地区(18:30頃)着の予定です。最少催行人員35人。添乗員あり。朝1・昼1・夕1・入館料・入園料含みます。

コラム > アンパンマンミュージアム ツアー〜2について書かれています。

アンパンマンミュージアム ツアー〜3

カテゴリー :ツアー

 香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアムは、やなせたかしの多彩な創作世界を収集・研究・公開することを柱に、町の中核的な文化施設として設立されたものです。

香美市立やなせたかし記念館詩とメルヘン絵本館はアンパンマンミュージアムと共に、やなせたかしの多彩な創作世界を展示・収集・研究することを柱に設立されるもので、その他、雑誌「詩とメルヘン」の精神に沿い、イラストや絵本、詩等幅広い芸術文化を育て、発信していくことを目指しています。

JR四国を走る「アンパンマン列車」に乗って、アンパンマンミュージアムに行くには、アンパンマン列車は岡山から土佐山田まで使用します。そこからは、バス移動です。ツアーでなくても、簡単にいけると思います。

アンパンマン列車とは、四国を走っている列車で、アンパンマンの楽しい世界がイラストで描かれています。アンパンマン列車の車両は、全部で20車両あります。アンパンマン列車は、2000年10月に土讃線アンパンマン列車(ブルー)が誕生したのが最初です。

また、列車の他にアンパンマンバス(貸切・路線)もあります。アンパンマンと愉快な仲間達が描かれている楽しいバスなので子供達も喜びます。

コラム > アンパンマンミュージアム ツアー〜3について書かれています。

アンパンマンミュージアム ツアー〜4

カテゴリー :ツアー

 全国的な讃岐うどんブームを受け、香川県内のうどん店の食べ歩きツアーが人気を集めました。JR四国の「うどん探検バス」をはじめ、大手旅行代理店が首都圏や関西の若者層をターゲットにした多彩な企画を投入。一日に数店を巡るだけでなく、手打ち体験を盛り込むコースもあり、週末のうどん店では自家用車に加えて大型バスも目立ちました。

近畿日本ツーリストは、大阪発の日帰りバスツアーを企画したり、手打ち体験とこんぴら観光をセットにした入門編や、名店から穴場まで五店を食べ歩く上級者向けなど四コースを設定したりしていました。

観光はほとんどなく、うどん店を巡り、アンパンマンミュージアムに行くツアーもありました。「曜日やコースによっては予約がいっぱいで申し込みを断ることもある」(同社)というほどでした。

JTBでも首都圏発の「四国讃岐うどんの旅」は、羽田―高松の往復航空券にホテル、手打ち体験などがセットになったフリープランで、自由にうどん店巡りや観光を組み合わせることができるので魅力です。
小さい子どものいる家族なら、讃岐にうどんを食べに行くついでにせっかくなので高知まで足を伸ばして、アンパンマンミュージアムへ行ってみるのもお勧めです。

コラム > アンパンマンミュージアム ツアー〜4 について書かれています。